FC2ブログ

ウィルスの蔓延を防ぐために

窓を開ける事が多くなりました

最近では

『室内換気』というワードが見直されています


しかし

普段開けていない窓は

急に開けようとしても「開かない」

はたまた無理に力を掛けて「閉まらなくなった」等の

緊急対応が増え

日々東奔西走している(株)ハセガワです



厚生労働省より示された

商業施設等の戻館期の推奨方法です


【新型コロナウィルス感染症対策の状況分析・提言】

 (2020年3月19日)

https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000618969.pdf

●窓の開放による換気方法


これには具体的な数値は示されていませんでしたが

・30分に一回以上、数分間 窓の全開放を行う

・複数の窓がある場合…二方向の窓を開放する

・窓が一つしかない場合…ドアを開ける

とあります


室内で作業を行う場合や

不特定多数の人が利用する場所においては

換気をよくする必要があります



皆様のお近くの窓の調子はいかがですか

ハセガワのホームページでは
“窓の健康診断”についてご紹介しています。


株式会社ハセガワ 
 <事業内容>>【窓の健康診断】
 http://www.hasemo.com/inspection

HPたびたびご紹介している“多機能サッシ”

 

断熱性、気密性に優れた
<ドレーキップ窓><ヘーベシーベ窓>
代表される“多機能サッシ”は
多くの日本家屋で使われている
“引違いサッシ”とは異なり
<内開き✕内倒し><引戸✕内倒し>などの
2アクションの動作を一つの窓で行います

 

この動作のため
“引違いサッシ”よりも性能が高い反面
金物どうしが複雑な動きをするため
数年~数十年に一度の
『定期的メンテナンス』をお奨めしています

 

 

特にビルの窓の場合
窓の前に書棚や荷物がある場合は
簡単に点検をする事が出来ませんが

 

テナントが引っ越した後
次のテナントが入居するまでの期間に
“窓の健康診断”を行うことで
不具合の発生等の情報が分かり
メンテナンスや修理の計画が立てやすくなります

“窓の健康診断”の様子はこんな感じで進めます

窓上部の点検

 

建付けの点検、調整

 

枠の歪みやネジの緩みを調整

 

ハンドルの調整、注油等のメンテナンスを行います

 


“健康診断”後には
・点検した窓ごとの状況のお知らせ
・現場写真
等の<報告書>を作成致しますので
今後のメンテナンス計画の資料として
役立てる事が出来ます

 

 

ある日突然にやってくる“故障”に備えるため
ハセガワの“窓の健康診断”をご検討下さい

扉と窓の“困った”を解決します
お気軽にご相談ください!


***DOOR&WINDOW***************

扉と窓のことなら

o0792015314305878483[1]

あなたの“困った”を

解決いたします

東京都江東区森下1-9-9

TEL 03-5600-5238

FAX 03-5600-5239

***************************************

HPもご覧ください

㈱ハセガワを

もっと詳しく知る事が出来ます

http://www.hasemo.com

***************************************

スポンサーサイト



2020.05.11 Mon l 窓修理 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿