FC2ブログ

最近のお天気は

今までの経験予測を上回る状況が

たびたび起こっています


少しでも被害を少なくしたいと

誰もが考えておられると思いますが

そんな状況に対処出来る事は

とてもシンプル

“日頃のメンテナンス”が

一番の近道ではないでしょうか


たとえば窓や扉に取り付けられているゴム


ゴム等の性質上

やはり経年劣化は避けられません


「突然の大雨で

水が入ってきちゃって

大事な書類や物品が水浸し~


などという事が起こらないように

強い風雨にも耐えられる

窓や扉の“日頃のメンテナンス”の必要性を

強く感じています


そんなドレーキップのゴムについて

面白い実験をするチャンスがありました


ドレーキップゴムを取り付けた現場にて

止水性能の向上について

取付ける前と後が良く分かる

『散水テスト』を行いました



こちらの窓は

外からの雨水が窓の桟に溜まり

ちょっとした池状態でした

窓枠に水がたまっている状態

散水テスト前の窓の状態


この窓に新しくドレーキップゴムを取付け

止水性能をアップさせました


そしていよいよ『散水テストの開始


窓にホースにて散水中

実際に水を撒いてみました

散水テスト 内側から見る

内側から見るとこんなに水が掛かっています

“ちょっとした嵐”位の水の量を

ジャバジャバ掛けて試しています

水を注入中

窓枠や桟にも水を注入してみました

テスト後水進入はなし

試験後の窓 内側には水が浸入していません

試験後の窓

室内にも水の浸入は見られませんでした


いかがでしょうか

新しいゴムの止水性能が

どれほどの実力を持つか

お分かりになられた事と思います



うちの窓

最近雨が降るたびに

水が入ってきていないかな


そんな風に感じられたら

ぜひ弊社までご連絡下さい


「あ~あ、あの時ゴムを交換していたら…」と

後悔しない為に

ぜひ日頃のメンテナンスをお考え下さい


***DOOR&WINDOW*************

 扉と窓のことなら

    ハセガワ ロゴ blog縮小版2 ハセガワ ロゴJPEG版_convert_20180723111438

 あなたの“困った”を解決します‼


 東京都江東区森下1-9-9
 TEL 03-5600-5238 

 FAX 03-5600-5239
 http://www.hasemo.com/
******************************


2018年7月に

 amebloから

 こちらにお引越しを致しました

 過去記事につきましては

 こちらをご参照ください

 https://ameblo.jp/hasemodw/

******************************


スポンサーサイト



2018.07.31 Tue l ドレーキップゴム l コメント (0) l top